読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

どうしてあんなにキレイなの・・・?!キャバ嬢ならではのダイエット方法、3つのポイント

ファッション・美容

f:id:girlsbaito:20170125132229p:plain

キャバ嬢といえば、夜遅い時間にお客様とお酒を飲むのがお仕事のひとつです。

何時間も飲み続けるから、お酒を飲みすぎて潰れることだってよくあるそう。

特にレギュラーで出勤しているキャバ嬢さんだと週5日や6日でその生活をしているため、

完全に昼夜逆転生活。

 

それなのに現役で活躍しているキャバ嬢の方々は、

そのほとんどがびっくりするほど細いですよね。

 

とても健康的な生活を送っているとはいえない彼女たちは、

どうしてあんなにキレイなスタイルを保てるのでしょうか・・・?!

今回は、その秘密に迫ります!!

 


 

1.通勤は少しでも長く歩く

f:id:girlsbaito:20170125124001p:plain

なるべくタクシーを使わない!

お店選びのときに、家からの距離を考慮する方も少なくないのではないでしょうか。

1つ目は、それを利用した健康方法です!

たとえば家の最寄り駅とお店の最寄り駅が同じならタクシーを使わずに歩いたり、

電車通勤なら1つ手前の駅で降りて二駅分歩いたりetc...

ついつい面倒でタクシーを使ってしまいがちかと思いますが、

ここは自分に厳しく!ちょっとでも長く歩いてみましょう♪

歩き方にも注意

せっかく歩くのなら、より効果的な歩き方をしたいですよね。

猫背で下を向いて歩くのではなく、背筋を伸ばして姿勢良く、

いつもよりちょっと速めに歩くことでウォーキング効果が高まるのでおすすめです◎

 

2.ドリンクの飲み方を工夫する

f:id:girlsbaito:20170125124544p:plain

「太りやすいお酒」はたくさん飲まない

ビールが太りやすいというのはよく聞きますよね?

ところが実はビールだけではなく、

日本酒やワインといった醸造酒は糖質が非常に高く太りやすいのです。

また、言うまでもなくリキュールを使用したあま~いカクテルは太りやすいので要注意!

じゃあ、「太りづらいお酒」って?

逆に太りづらいのは、焼酎やブランデー、ウイスキーなど。

これらは蒸留酒といって糖質やたんぱく質が含まれていないため、太りにくいんだとか◎

ジンやウォッカも同様です。

とはいえコーラやジンジャーエールなど甘味のある割りもので飲んでは台無し!

無糖の炭酸水やお水で割るなど、割りものにも工夫しましょう。

でも、仕事中は飲まなきゃいけないし・・・

ワインは太るからNGといっても、

お客様からボトルを入れていただいたら飲まないわけにはいきませんよね。

そんなときは、お水や白湯(さゆ)を意識して飲むようにしましょう!

さすがに席で堂々と飲むわけにはいかないので、

時々お手洗いにいくフリをしてカウンターの裏などでこっそり飲むのが良いかと思います。

ちなみに白湯は沸騰したお湯を10分ほど冷ますだけで簡単に作れ、

胃腸や肝臓の働きを助ける効果があるため二日酔い予防にもなるんですよ♪

 

3.仕事以外での食生活に気をつける

f:id:girlsbaito:20170125125806p:plain

 おいしいものは同伴やアフターで

人気のあるキャバ嬢だと、毎日のように同伴出勤している方もいます。

仕事終わりはアフターにも行っているはず。

そういったときはよほどのことがない限りお客様からご馳走していただけるので、

中には「同伴やアフターでおいしいものを食べられるし、それ以外の食生活にまったく執着がない」

というキャバ嬢の方もいて、同伴・アフター以外では何も食べないんだとか。

しかしそれはあまり健康的とはいえないので、

お仕事前や後に食べるものの内容を少し意識してみましょう。

起きた後やお仕事前に食べたいもの

起きた後はできるだけ炭水化物を抜きましょう。

ただでさえ体内の糖が不足している状態の寝起きの状態。

そこであえて糖になる炭水化物を摂取しないことで、

体はエネルギーをつくるために脂肪を燃焼させるのです!

 

逆に炭水化物はお仕事前の時間帯に摂るようにしましょう。

その際はパンや麺類ではなく、より体に良いご飯がおすすめです!

お仕事の後、寝る前に食べたいときは

キャバクラのお仕事が終わるは夜遅く。

本当は白湯でも飲んで寝てしまいたいところなのですが、

どうしても何か食べたい!とか、おなかが空いて眠れない!なんてときもありますよね。

そういうときには、お豆腐や納豆といった低カロリー高タンパク質の食品や、

少量でも腹持ちの良いナッツなどを食べるようにしましょう!

ちなみにおつまみ用などの食塩を使用したナッツは塩分過多でむくみにつながるので、

ローストしただけの無塩のナッツを選ぶようにしてください◎

 

まとめ

今回はキャバ嬢ならではのダイエット方法として紹介しましたが、

キャバクラで働いている方以外でも日常生活に取り入れられるポイントはたくさんあります。

 

たとえば、通勤や通学の際に一駅分歩いたりとか、

お酒の席で飲む種類を工夫してお酒と一緒に同量のお水や白湯を飲むetc...

食べることが好きな方は、

誰かとお出かけしたときだけは好きなものを食べるようにして、

1人でご飯を食べるときは栄養を重視したものを選ぶ!なんて方法もあります。

 

昼夜逆転生活でお酒を大量に飲むのに太らない!

そんなキャバ嬢が取り入れているダイエット方法を活用して、

あなたもキレイなスタイルを手に入れましょう♪