読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

これで貴方もキャバクラマスター!上手なアフターの誘い方、OKのもらい方

f:id:urj:20160721134719j:plain

アフターは、働き終えたキャバ嬢とオトナな駆け引きの時間が楽しめる、特別なものです。しかし、だからこそ断られることもしばしば。アフターを制すればキャバクラマスターになれるといっても過言ではありません!上手にアフターへ誘い出す方法をお伝えします。

アフターと同伴は、難易度に天と地ほどの差がある

アフターと同じようにキャバ嬢とのデートが楽しめるものに、出勤前の同伴があります。同伴は、多くの場合インセンティブやポイントがつくなど、キャバ嬢自身に金額的なメリットがあるため、キャバ嬢のほうから誘ってくることが多いでしょう。

一方、アフターにポイントやバックがつくお店は稀です。またアフターに誘うお客は基本的に口説き目的が多いため、キャバ嬢にとっては危険がいっぱいとなります。また、アフターはキャバ嬢が働いたあとで心身ともに疲労している状態で行かなければなりませんから、基本的に禁止としているお店もあります。

アフターをOKされたら、それだけ信頼されているということ

キャバ嬢にとってあまり直接的なメリットにならないアフターに応じてもらえたとしたら、それはあなたが客として信頼を得ているということになります。「いつも来てくれているから、感謝の気持ちで」「また来てもらいたいお客さんだから」「マナーをわきまえてくれるから」といった理由で、キャバ嬢はアフターにOKしてくれるのです。

まずは常連になることから始めよう

どんな女性でも、初対面でデートに誘われたら困ってしまいます。まずは、キャバ嬢にとって顔なじみになることが大事です。

通うにつれ、キャバ嬢があなたを見つけたときの表情が柔らかく変わってくるのが分かるでしょう。打ち解け、キャバ嬢からも自分の話をしてくれるようになったら、アフターに誘ってもよい頃です。

「あのお店へ連れてってあげたい!」はマル

初めてアフターに誘うときには、「アフター」という言葉を使わないさりげなさが、警戒心を解くカギとなります。ポイントになるのは、キャバ嬢が喜ぶことをしてあげたいという気持ちを表に出すこと。「お腹すいてるなら、どこか食べに行こうか」「ストレス溜まってる?カラオケでスカッとするか」と、あくまで気遣いを見せましょう。

そのためには、キャバ嬢との会話を心から楽しみ、女の子が行きたいといったお店についてはすかさずメモするなど、趣味嗜好をおさえておくことが大事です。

「仲のいいコも一緒にさ」はマル

f:id:urj:20160721134851j:plain

いきなり二人きりでと言えば、あなたがどんなにいいお客さんでも、キャバ嬢は悩んでしまうでしょう。初めて誘うときは、「二人きりじゃなくてもいいよ」とアピールすると、ふっと警戒心を解いてくれます。

ちょっと残念に思うかもしれませんが、一度みんなで遊んで気持ちをほぐすことが大切です。 ここを乗り越えれば、次から二人きりのデートに応じてくれる可能性がぐっと高まります。

「サッと行って、パッと帰ろう」はマル

アフターは出勤前の同伴と違って時間制限がありませんが、キャバ嬢はできれば早く帰りたいと思っています。学生だったり昼も働いていたりなど、さまざまな事情があるためです。時間の拘束があまりないと分かれば、かなりハードルが低くなるでしょう。

「ずいぶん通ってあげてるんだから」はバツ

これは言ってしまいがちな、または言いたくなってしまうNGワードのひとつになります。 気持ちは分かりますが、アフターはキャバ嬢のプライベートな時間です。自分が常連であることを持ち出し、プライベートまで拘束しようとするのはタブーです。

「ドライブしようよ」「個室でまったり」はバツ

アフターではキャバ嬢の身の安全が約束されていません。密閉された二人きりの空間には、まず来てくれないと思っていいでしょう。

「今日は朝まで騒ごう!」は最悪

お店でどんなに盛り上がっていたとしても、それは勤務時間内だから。キャバ嬢の次の日のことも考えてあげましょう。

次につなげるためにも、アフター時のマナーを守ろう

一度のアフターでキャバ嬢をものにできると思ってはいけません。オトナの余裕で駆け引きを楽しむためにも、一回目のアフター時にはきちんとマナーを守りましょう。お店で女の子がしてくれたように、今度は自分がそのコをチヤホヤするのは当然のことです。

また、忘れがちなのが帰りのタクシー代を渡すこと。アフターが入れば、キャバ嬢はお店の送迎システムを使えません。プライベートな時間を楽しんだ後は、感謝の気持ちを伝えるのと同時に、さりげなくタクシー代を包んであげるのがベストです。

まとめ

アフターにOKしてもらうなら、あくまでキャバ嬢が行きたいところへ行こうと提案し、身の安全が確保できること、長時間拘束しないことをアピールするのが鉄則です。安心できるお客さんという地位を確立し、親密な時間を積み上げていきましょう!

こちらもおすすめ

media.girlsbaito.jp