ドレスの色で印象ががらりと変わる!色による心理効果まとめ

f:id:urj:20161121121755j:plain

ドレスを新しく買おうとするたびに、「どんな色にしようかな」と迷ってしまいますよね。そんなとき、色が人に与える印象を知っておくと、営業のために効果的なドレスを着分けることができますよ。色による心理効果をまとめました。

色は人の心理に大きくかかわっている

レストランの内装は、赤やオレンジが多いイメージがありませんか。赤やオレンジは、食欲を増進させる色といわれています。レストランは意図的に暖色を選んでいるのです。

また、陸上競技場のトラックには土に似せたレンガ色を使うのが通例でしたが、最近では青色のトラックが増えてきています。これは、青に緊張を緩和して集中力を高める効果があるとわかってきたからです。

このように、色は人の心理に大きくかかわることがあり、さまざまなところでその印象が効果的に使われています。キャバ嬢なら、やはりドレスでの印象操作が有効です。

色による心理効果

レッド

赤は購買意欲を高める効果があるとされています。スーパーやモール、激安ショップに行くと、赤いポップに白抜きで値段を書き入れた看板が目につきますよね。ああいったものは全て、お客さんの購買意欲をあおるために最も効果的な色を使っているわけです。

赤いドレスを着れば、お客さんにさりげなく「お金を遣ってほしい」というメッセージを送る効果が期待できます。また、興奮させることのできる色でもあるため、色恋営業にはもってこいです。濃い赤なら、よりセクシーさを演出できます。

オレンジ

オレンジは明るく元気な印象を与えてくれる色です。赤系なので購買意欲を高める効果はそのまま、セクシーよりも友達営業で行きたいと思っているキャバ嬢にはピッタリです。ただ、膨張色で太って見えてしまうため、華奢さを売りにしているなら逆効果かもしれません。

イエロー

イエローもオレンジ同様、明るく元気に見せてくれる色ですが、より若々しさやかわいらしさを引き立ててくれます。フレッシュさを売りにしたい若い子に、とくにおすすめです。

また、お店を見渡してみても、イエローのドレスを着ている子はなかなかいないのではないでしょうか。目立ちたいと思った日には、イエローを身につけてみましょう。

ピンク

f:id:urj:20161121121721j:plain

女性らしさを最大限に引き出してくれるのがピンクです。華やかであると同時に、優しく柔らかい印象を与えることができるので、愛され系をアピールしたいときにはピンクのドレスがいいでしょう。

ブルー

深いブルーは、落ち着いた知的な印象を与えてくれます。しっとりお姉さんキャラを目指したいときには、ブルーが最もふさわしいといえるでしょう。また、淡いブルーは、誠実さとともに可憐で清楚な印象をもたらします。清楚キャラにはもってこいの色です。

パープル

紫は古来から高貴な色として愛されてきました。高めのオンナと思われたいなら、パープルドレスを手に入れましょう。普段は愛されキャラの子も、髪をアップにして品格あふれる貴婦人を演出したら、お客さんたちからまぶしい視線を浴びてしまうかもしれません!

グリーン

緑には人をリラックスさせる効果があります。一緒にいるとホッとする女の子になりたいというときには、グリーンのドレスを身につけましょう。癒し効果で、お客さんと打ち解けるのが早くなりますよ。コミュニケーション下手なキャバ嬢や、ちょっと苦手なお客さんが来る日にピッタリです。

ブラック

黒は相手に威圧感や近寄りがたさを与える色なので、黒ドレスを禁止にしているお店があるほどです。でも、もし禁止でなかったら、目立つためには何よりおすすめです。大ぶりのアクセサリーを合わせて、ゴージャスな女の雰囲気を醸し出してみましょう。

ホワイト

白は、結婚式であれば花嫁にしか身につけることが許されない純潔の色です。ピュアな魅力を売りにしたいキャバ嬢は、積極的に白ドレスを活用するのがいいでしょう。胸元が開いていたりミニ丈だったりしても、不思議とセクシー過剰にならないので、露出が気になってしまう新人にもおすすめです。

おわりに

「なりたい女」に見せるには、色の力を借りるのが近道です。来てくれるお客さんによって、その日のドレスの色を決めると、より効果的な接客ができます。ドレスの色による印象操作で、売り上げアップを目指しましょう!