読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

水商売の源氏名|どうやって決める?定番の名前は?

f:id:lululolochan:20160523115022j:plain

キャバクラやスナック、そしてラウンジやガールズバーなど、様々な水商売の仕事があります。その水商売ですが、多くの女性は源氏名を使っています。本名を使っている方もいることにはいるのですが、基本的に源氏名が設定されており、その名前を仕事では使うわけです。

 

源氏名はどのように決められるのでしょうか。定番の名前にはどういったものがあるのでしょうか。水商売で働いたことはないけど、興味を持っている、といった方は要チェックです。

源氏名の決め方|自分でつけるケースあり

源氏名を自由に決めて良い、としている店舗も少なくありません。もちろん、すでに働いている女の子と全く同じ源氏名をつけることは出来ません。多少の制限はされてしまいますが、自分の付けたい名前をつけられるケースも多い、と覚えておきましょう。 ただし、お店の雰囲気もあるので、その雰囲気にそぐわないと判断された源氏名に関しては却下されてしまうこともあります。

源氏名の決め方|店舗側が決めるケースあり

店舗側が決める場合には、そのお店特有の源氏名がすでにあるケースが多いです。たとえば、熟女系の飲み屋さんの場合は、熟女にありがちな名前をつけるわけです。熟女パブでありながら若々しいネーミングでは、雰囲気が崩れてしまう、と考えます。

備品管理の観点から事前に決められるケースもあります。以前働いていた女の子と同じ名前をつけることにより、備品などがそのまま利用できる、といったメリットがあるのです。その場合は何個かの名前のストックがあり、その中から選択させてもらえることもあります。

定番の源氏名とは?

まり ・まい ・みか ・ももなど 定番の源氏名には一定の法則があることも分かっています。昔から言われていることの一つに、マ行の源氏名は売れる、といったものがあるのです。

マ行だと呼びやすくて、さらに覚えやすい、といったメリットもあります。 ただ、近年ではローマ字などを駆使した源氏名も出てきており、定番の源氏名といえるものも少なくなってきました。