読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

高収入な副業ならガールズバイト!ちょっとリッチなセレブライフを送ろう!

コラム

f:id:urj:20160927171248j:plain

副業として、アルバイトをしたいと考えている女の子は多いと思います。とはいえ、あくまで副業ですから、長時間働くのは気が進みませんよね。かといって、普通のお仕事でちょっと働くだけではもらえるお金も雀の涙程度です。高収入を狙うなら、断然ガールズバイトがおすすめです。どうせなら効率よく稼いで、リッチなセレブライフを送ってみませんか?

キャバクラやクラブなどのガールズバイトなら本業より稼げちゃうかも!?

ひと口にガールズバイトといっても、種類は豊富です。お客さんの隣に座ってお酒をつくったり、おしゃべりしたりするキャバクラがその代表的なものですが、他にもクラブやラウンジといったお仕事もあります。

キャバクラといってもその種類は豊富で、基本は若く華やかな女の子が多く、「姉キャバ」と呼ばれるところは20代後半が主力です。ワイワイにぎやかな雰囲気を楽しみたい人に向いています。一方、クラブは落ち着いた高級な雰囲気が売りなので、年齢が高めでも品格と教養ある女性が求められます。ラウンジは、ちょっとだけ気楽に通えるクラブと考えればよいでしょう。

時給は、クラブが最も高く、それにラウンジ、キャバクラと続くのが一般的です。しかし、キャバクラでも初めから時給2000円、3000円のところは少なくありません。働き方次第では、副業の収入が本業にすぐ届いてしまいそうですね。

ガールズバーはのんびり効率的に収入をゲットしたい人におすすめ

お客様と密着することなく、カウンター越しにお酒をつくるのがガールズバーです。基本的な仕事はバーテンダーと同じで、お客さんからオーダーされたお酒をつくります。時給は1500円程度からです。キャバクラやクラブと比べて安い印象があるかもしれませんが、異性と密着するのが苦手な人や、ノルマがない職場で働きたい人には向いているといえるでしょう。

副業があれば心にゆとりができる

f:id:urj:20160927171312j:plain

本業だけではお金が足りないとカツカツしていた人も、ガールズバイトを始めれば生活にゆとりができるでしょう。家賃を払わなきゃ、税金も……と毎日眠れなかった人も、睡眠不足から解消されますよ。ぐっすり眠れて健康になることで、本業にも以前より精力的に取り組めるはずです。

また、副業があることは、本業のストレスを発散させることにもつながります。もちろん副業といえども真剣に働かなければ仕事に失礼というものですが、副業が楽しく自分に自信の持てるものであれば、本業であまり納得のゆく待遇を受けていなくても、さほど気にならなくなるのです。

これを「副業に逃げている」と捉える人もいるかもしれません。でも、本業に行き詰まってある日突然辞めたくなり、次の勤務先が決まらず無職に……といった事態は避けられます。副業で心にゆとりを持つことが、本業を長続きさせることにもつながるのです。

どうせなら、自分を磨けるセレブライフを

ガールズバイトで得た収入を、何に使うかは自由です。でも、若いうちの自分磨きが将来の財産になることを考えると、これを機にちょっとリッチな生活を送ることは、決して無駄ではありません。

例えば、以前であれば手の届かなかったような高級店で食事をしてみるなどいかがでしょうか。目上の人との会食や特別な席など、いざというときに落ち着いた振る舞いができるようになるはずです。将来、結婚相手の親族との会食でも、慌てず落ち着いた印象を与えられるでしょう。

また、海外旅行など、「行ってみたい」と思うところに出かけていきましょう。実際に行ってみると、知識が深まるだけでなく、ぐっとその土地が身近に感じられるようになります。各地のニュースが自然と目に留まるようになり、教養の幅がかなり広がりますよ。

また、家の調度品を新調するのもおすすめです。インテリア性の高いものは持っていてとても気持ちがいいですし、高いものほど長持ちします。まさに一生モノの家具を手に入れて、長く大事に使いましょう。

お金は計画的に使おう

ただし、「あれもこれも」と欲張っていると、すぐにお金が足りなくなってしまうという事態にもなりかねません。欲望は青天井でも、収入には限りがあります。働けば大丈夫と、あまりに遠い将来の収入を見越した分割払いは危険です。せめてその月の収入で収まるほどのものを買う、大きな買い物をするときにはお金が貯まってから買うなど、きちんと管理しましょう。

まとめ

高収入を狙えるガールズバイトは、副業に最適です。ちょっとリッチな生活を手に入れて、自分磨きだってできてしまいます。でも、お金の使い方にはご注意を。むしろ、お金があるときにも自分をコントロールする力を身につけるための訓練と考え、使い道を吟味しましょう!