わかりやすく解説|本指名と場内指名の違いとは

f:id:lululolochan:20160523115946j:plain

キャバクラで仕事をするにあたり、様々な言葉をしっかりと把握しておかなければなりません。その一つに本指名と場内指名の違いがあります。似たようなものに思うかもしれませんが、大きな違いがあるのです。

今回は、本指名と場内指名の違いについてお話しします。よりキャバクラを理解してから仕事を開始したい、と思っていた方は必見です。キャストや黒服、お客さんとお店でどう接すればいいかも見えてきますよ。

そうだったのか!本指名と場内指名の違い

  • 本指名・・・来店時に指名するキャストが決まっていること
  • 場内指名・・・フリーで来店(指名する子を決めないで来店)している状態で、店内でお気に入りの女の子が見つかった場合、その場で指名をすること

本指名は、そのキャストだけを目的としているお客さんが行うものです。来店時に誰を指名するか決めており、ボーイに「ご指名は」とたずねられたらそのキャバ嬢の名前を出し、相手をしてもらいます。

場内指名に関しては、フリーで女の子についてもらい、その中でお気に入りの子ができたら指名する形になります。 ちなみに本指名と場内指名に関しては、店舗で別の呼び方をしているケースも少なくありません。

  • 本指名の別の呼び方・・・「A指名」など
  • 場内指名の別の呼び方・・・「B指名」など

本指名と場内指名の違い|どちらのほうが給与に反映される?

本指名も、場内指名も、お客様が指名料を支払って女の子を席に呼ぶことになります。指名料のうち、一定額をキャバ嬢にバックする仕組みを作っているお店が多いものです。ほとんどの場合、本指名料のほうが場内指名料より高いでしょう。

よって、本指名をたくさんとったほうが、給与にはプラスされます。また、本指名の数が一定数を超えると報酬がアップするお店もあります。お店にお客さんを呼べるキャバクラ嬢として認定されるからです。店舗の売上を左右するようになるので、バックされる金額も高くなっていきます。

もちろん、場内指名がお金にならないわけではありません。バックの金額はそう多くはありませんが、将来的に場内指名から本指名へ発展していくケースも多いのです。報酬の一定の上積みが期待できます。

本指名と場内指名の違い|お客さんの気持ちや状況はどう違う? 

f:id:urj:20160701104820j:plain

本指名をするお客さんの気持ちはわかりやすいですね。「このお店で、この女の子とおしゃべりしたい」という気持ちになってくれるからこそ、キャバ嬢は本指名をもらえます。

「以前、フリーでいろんな女の子とおしゃべりしたときに気になったあの子」「一度場内指名をしたことがあるあの子」が、本指名の予備軍です。あるいは、界隈に名前をとどろかす人気嬢や、そのお店でナンバーワンであれば、いきなり本指名が入ることがありえます。

一方、場内指名をするときの状況はさまざまです。多いケースはまだ本指名の決まっていない新規客にフリーでつき、気に入ってもらえたらその場で場内指名してもらうというものです。

ただ、そういった新規客は常連客に連れてこられることが多いため、常連客に本指名でついている女の子が場内指名の人選を任せられるというケースがありえます。また、本指名よりも指名料が安いため、テーブルに女の子をたくさん呼んでとにかく華やかにしたいといった場合にも、場内指名が使われることがあります。

どうすれば本指名を獲得できるのか?

多くのお客さんにつけてもらうことが、まずは大切です。黒服に対して、新規のお客さんにつけてもらえるようにお願いしておきましょう。必死感を出すより、「私、今日は頑張っちゃうからよろしく!」などと、やる気を明るくアピールするのがコツです。

新規のお客さんはまだ指名する相手を決めていないケースが多いので、気に入ってもらえれば、まずは場内指名がもらえます。さらに気に入ってもらえれば、次回からは本指名を貰えるかも知れません。

また、本指名の多い女の子と仲良くなっておくのも大事なことです。常連客が大事な取引先などを連れてきた場合、フリーで卓についてもらう女の子は安心できる子がいいと思うものです。お客さんが本指名の女の子に「どの子が優秀?」とこっそり相談するとき、まずは場内指名としてあなたの名前が挙がるよう、人間関係を良好にしておきましょう。

黒服ともキャストともいい関係を築くことが、場内指名ゲットのコツ。そして一度場内指名をもらえたら、あとは自分の営業次第で、本指名がもらえることでしょう!