読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ふふふっ、かかったな!色恋営業を逆手にとってキャバ嬢を惚れさせる方法

色恋営業 コラム

f:id:urj:20160721140140j:plain

キャバ嬢を惚れさせるのは、当然ながら難易度が高いものです。しかし、不可能ではありません。その足がかりとなるのが、色恋営業です。疑似恋人からスムーズに本物の恋人へ移行できるテクをご紹介します。

色恋営業って?

客がキャバ嬢に明らかな好意を見せていると、キャバ嬢のほうからも親密なメールが届くということがあります。また、あくまでキスだけなど、少しばかりイチャイチャできるようになることがあり、これを色恋営業といいます。キャバ嬢が客をつなぎとめるための営業方法の1つです。

色恋営業を仕掛けられたら、まずは素直に喜びましょう。少なくとも、次にまた来てほしい、手放したくない客だと思われているということだからです。もちろんキャバ嬢もプロですから、色恋営業から本物の恋愛に発展することは滅多にありません。しかし、プロとはいえ人間ですから、たまに「転んで」しまうことはあるのです。

色恋営業を逆手にとって、いかに惚れさせるかは、あなたの戦略にかかっています。

頻繁にお店に行かない

色恋営業は嬉しいものですが、「もしかして、もうちょっとで落とせるかも?」と焦り、日を空けずにお店に通うのはNGです。キャバ嬢の頭の中では、あなたがお店に来てくれるたび「この人はお客さん」という認識をすることになります。

あまりに「お客さん」のレッテルを貼られ続ければ、ひとりの男として見られる可能性は少なくなってしまいます。普段は恋人メールを楽しむにとどめましょう。

タイミングが来るまでは一切口説かない

色恋営業が始まったら、こちらからは口説くことを一切やめるのもテクの1つです。キャバ嬢は口説かれ慣れています。口説きをかわすために疲労するより、ちょっと恋人気取りのイチャイチャメールをしている方が、気が楽という場合がほとんどです。むしろ、「この人との恋人ごっこは、何だか楽しい」と思わせれば、一歩前進したと思っていいでしょう。

また、あなたが一切口説かなければ、色恋営業を仕掛けたキャバ嬢側が一方的にラブラブな文面を送ることになります。修行の足りないキャバ嬢になら、あれ?自分が相手を好きで追いかけているのかも!と錯覚させることも可能です。

常に本音で話をする

お客さんの当たり障りのないトークや、自分自身の営業トークに疲れ、仕事中だって本音で向き合いたいという内なる願望を携えているキャバ嬢は多いものです。そう、キャバ嬢だって一人の女の子。ふっと力を抜く瞬間が必要になります。

あなたはお店で常に本音で話をし、必要以上にキャバ嬢をほめたりせず、赤の他人に見せるような営業スマイルを封印してみましょう。するとキャバ嬢の仮面も少しずつはがれていきます。そのほころびに動じず受け止めていければ、心が通い合う会話ができるようになるでしょう。普段のラブラブメールとのギャップに、勝手に萌えてくれる嬢もいます。

弱みを見せてみる

f:id:urj:20160721140349j:plain

母性本能の強いキャバ嬢には、特によく効くテクです。仕事で嫌なことがあった日は、とてもキャバクラに行く気になんてなれないかもしれません。でも、あえて行ってみましょう。

いつもと違う雰囲気に、「今日は元気ないね」と心配そうにキャバ嬢が声をかけてくれたら癒されますよね。キャバ嬢は、いつも自分が甘える対象であるお客さんが弱っている姿を見せつけられることで、客もまた一人の男であることをまざまざと知るでしょう。

ダメ男が好物のキャバ嬢なら、引っかかってくれる確率はかなり高いです。そうでなくても、強烈な印象を残すことができます。

特別感を高めていく

弱みを見せたあとは、いつものメールで「君だからあんな姿を見せられた」「失敗したとき、そばにいてほしいと思ったのはきみだった」と繰り返し伝えていきます。キャバ嬢は、自分が客にとってお店の垣根を越えた存在であることを、リアルに認識するでしょう。

お店に行くたびアフターや店外デートを迫っていると、「私じゃなくて、キャバ嬢と付き合いたいだけでしょ?」と一歩引いて見られてしまいます。キャバ嬢に有効なのは、超とびきりの特別感なのです。

ギャップを見せる

ここまでくれば、キャバ嬢にとってあなたはかなり気になる存在になっているでしょう。大事なお客さんであると同時に、支えてあげたい人だという気持ちになっているはずです。ここでもう一つだけ、越えなければならないハードルがあります。それは、自分もまた、そのキャバ嬢を支える存在であることを認識させることです。

今度は圧倒的な頼りがいを見せて、キャバ嬢の心にそのギャップを印象づけましょう。色恋メールで「ちょっと元気ないな」と思うときがあったらチャンスです。自ら同伴に誘い、会話やプレゼントで元気づけ、「君が大事だ」とアピールします。

その日、あまりにも元気がなかったらそっとしておくのも手ですが、いけそうなときは真剣な告白もアリでしょう。キャバ嬢が一人の女の子になる瞬間を、きっと見ることができます。

まとめ

キャバ嬢から色恋営業を仕掛けられたら、それは惚れさせるためのチャンス到来と思っていいでしょう。キャバ嬢だって普通の女の子であることを忘れずに、過度な口説きを封印して本音で接していれば、やがてタイミングが訪れるはずです。その瞬間を見逃さず、スマートにアタックしましょう。