読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

キャバクラの仕事内容を徹底解説

キャバクラ基礎知識

f:id:lululolochan:20160523114410j:plain

女性からの人気が高まっているキャバクラですが、どんな仕事をするのでしょうか。男性の横について会話してお酒を飲むだけなのでしょうか。

 

働く前に事前知識として、仕事内容をしっかり把握しておくことは極めて重要です。   こちらでは、キャバクラの主な仕事内容をまとめます。働きたいと思っていた方は必見です。  

お酒を作る

最初にしなければならないのが、注文を聞きお客さんの飲み物を作る、ということです。お客さんからは様々な注文が入ります。ロックもありますし、水割りもあります。

飲み物を作る、といった作業を定期的に実施します。 お酒がなくなってきたと思ったら継ぎ足すことも大事な仕事の一つです。  

会話をする

キャバクラにお客さんは、お酒を飲むためだけに来ているわけではありません。会話も楽しみに来ているのです。

ですから、お客さんとの会話も大事な仕事の一つです。 会話に関してはジェネレーションギャップもあり、最初はうまくいかないかもしれません。

しかし、少しずつ会話の幅も広がっていくようになるはずです。 日頃から話題を広げる努力をすることも肝心です。

・ニュース番組をみる

・新聞を読む

・雑誌を読む

日々アンテナを張って情報を仕入れていくことも、キャバクラの仕事内容の一部だと思って下さい。

ちょっとした小ネタを仕入れておくだけで、話も途切れるようなことはなくなります。  

細かな雑用あり

・灰皿を取り替える

・歯箱に火をつける

・テーブルを拭くなど

キャバクラは、笑ってお客さんお対応をしていればよいのではありません。

ちょっとした雑網も行わなければなりません。黒服が行ってくれる部分もありますが、基本的にお客さんが帰ったあとのテーブルを掃除したり整えたりする役割が彼らにはあります。

お客さんに女性が付いている時には、注文したものを運びに来るくらいしか行えないので、後は、キャスト自身が対応するわけです。特に忘れがちになってしまうのが、テーブルについている水滴を拭く、といった行為です。

お酒を飲んでいるとグラスの水滴がテーブルに付いたままになってしまいます。ちょっとしたことではありますが、そういった気遣いができる女の子のほうが人気になることは間違いありません。

お客さんもしっかりと見ているところは見ているのです。