キャバクラ嬢でもクレジットカードを持つことはできるのか?

f:id:lululolochan:20160523120109j:plain

クレジットカードは生活する上で欠かせないものとなりつつあります。それはキャバクラ嬢も同じことです。キャバクラ嬢の場合は夜型の生活になっていることも多いので、昼間の時間帯に買い物に行けないケースも多いです。

 

結果的にネット通販に頼ってしまうことが多くなります。そこでクレカが重要になるのです。 一方、水商売で働いている方はクレジットカード審査に落ちやすい、といった話もあります。実際にキャバクラ嬢はカードを作れないのでしょうか。詳しく解説します。

キャバクラ嬢でもクレジットカードは作れる!

収入が全く無いわけではありません。収入の安定性、といったものはないと判断されてしまいますが、返済出来るだけの稼ぎがあると判断された場合には、カードを発行してもらえるのです。 しかし、サラリーマンや公務員といった方たちと比較すると、低く評価されている現状があるのです。

カードの審査に落ちてしまうキャバクラ嬢の特徴

・いま働いている店舗での勤続年数が極めて短い

・消費者金融などを利用している

・年齢が若い

・キャッシングやクレジットカードの返済で滞納経験がある

勤続年数に関しては、キャバクラ嬢の方は比較的短い傾向にあります。1年以上勤めている場合にはカード審査に突破しやすいですが、6ヶ月未満であると不利になります。

消費者金融などのキャッシングを利用しているのも問題です。多重債務者になってしまう場合には、返済がしてもらえないのではないか、と思われてしまいます。借金をしているのであれば、返済が終わってからカードに申し込んで下さい。

20代前半であると、審査が厳しくされてしまいます。年齢が低いと、収入が不安定である、と判断されやすいのです。30歳前後になり始めて、やっと審査的にも少し有利になる感覚です。 滞納情報に関しては、個人信用情報に記されています。

一定で時効を迎えて掲載からは解除されますが、しばらくは残り続けてしまうので、審査を不利にする原因となってしまいます。