読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

キャバクラの面接内容|どんなことを聞かれるの?

f:id:lululolochan:20160523131735j:plain

キャバクラで働く場合には面接を突破しなければなりません。キャバクラの体験入店をする場合であったとしても、その日に前もって面接が実施され、店舗がオッケーとした場合に体験入店させてもらえるのです。

 

問題となってくるのが、キャバクラの面接ではどんなことを聞かれるのか、といったことです。必ず聞かれることは事前にスムーズに答えられるようにしておきましょう。

出勤日数・勤務期間は必ず聞かれる

店舗側が聞きたいのは、あなたがどれだけ働いてくれるのか、といったことです。

・週に何日間働けるのか?

・どのくらいの期間働いてくれるのか?

週に3日から4日、6ヶ月程度を想定している場合にははっきりと伝えましょう。勤務日数が少なかったり、勤務期間が短かったりした場合にはお店として大きなメリットがないので断られてしまうかもしれません。

勤務日数に関してですが、融通がきかせられる場合にはしっかりとアピールしてください。店舗としては融通がきく子を選択します。

水商売経験は必ず聞かれる

ナイトワークで働いたことがあるのか、といったことは店舗としても重要です。研修で教える内容にも関わってくるからです。 経験者が優遇されると思われがちですが、必ずしもそうではありません。ただ、時給が少しアップした状態で始められることはあります。

お酒が飲めるか?タトゥーはあるか?

お酒に関しては、最近ではキャバクラも寛容になってきました。飲めなくても働けるようになったのです。それよりも飲んでいる人たちの輪に入ってその場を楽しく出来るのか、といったほうが重要です。

要は、コミュニケーション能力があれば問題なし、とされる傾向にあるのです。 一方で問題になりかねないのがタトゥーです。

ドレスで隠れている部分であれば問題視されませんが、見えてしまうような場所にタトゥーが入っている場合には避けられてしまうこともあります。お店の雰囲気といったものもあり、そぐわないタトゥーと判断されてしまえば落とされてしまうかもしれません。