読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

副業でキャバクラ嬢|会社にはバレないのか?

f:id:lululolochan:20160523133526j:plain

副業でキャバクラ嬢として働いている方も少なくありません。昼間は一般的な会社でOLとして働き、夜になるとキャバクラで働くわけです。専業のキャバクラ嬢として働く、といった選択肢もありますが、いつまでも働ける保証はどこにもありません。 副業として働く場合ですが、問題があります。

 昼間の仕事を正社員として働いていると、副業が禁止されているケースも有るのです。就業規則に触れることになり、大きな問題に発展するかもしれません。 今回は、キャバクラ嬢としての副業が会社にバレることはあるのか、といったことをテーマにお話します。

普通徴収で確定申告すればバレない

樹民税に関しては、基本的に勤め先の給料から天引をされることになります。自分では支払う必要はありません。一方で副業に関しては、住民税を自分で払うことも出来ます。そのことを普通徴収と呼んでいるのです。

そもそもなぜ副業が発覚するのかといえば、確定申告で勤め先から天引きされる住民税の額が増えているからなのです。額が増えていることが発覚しなければ、基本的に副業がバレてしまうような心配はありません。

普通徴収で確定申告する方法とは?

確定申告書に「自分で納付」といった欄があると思います。キャバクラ嬢として所得を確定申告するときのその欄をチェックしておけば良いだけです。チェックしていれば、働いている会社に住民税の額の通知がされることはありません。 たったそれだけの手続きで、昼間の仕事も夜の仕事も継続できるのです。

キャバ嬢は所得が少ないので税金を自分で支払うケースは少ない

経費が大きくなりやすいのです。たとえば衣装代金があります。ヘアメイク代金もあります。お客さんへのプレゼントも経費として計上できますし、移動費(タクシー代)も経費として認定されます。

たとえば、副業としてキャバクラで200万円の年収を得ていた場合には、100万円近く経費がかかっているといたケースもあります。さらに、キャバクラ店では一般的に源泉徴収をしています。すでに200万円分の税金は収めているので、経費の額が大きければかえって還付される可能性もあるほどです。