読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

稼ぎ方が違ってくる!キャバクラの3つの給料システムそれぞれの特徴

コラム

f:id:urj:20161207102803j:plain

毎月給与明細をもらうけれど、ちゃんとあっているか自分で計算できない。そんなキャバ嬢はいませんか。キャバクラの給料システムは複雑で、なかなか覚えられませんよね。

でも、きちんとわかって自分で計算できれば、日々のモチベーションが変わってきます。うやむやにせず、理解しておきましょう。

キャバクラによって給料システムは違う

キャバクラが「稼げる職業」といわれている所以は、時給以外にインセンティブがつくことに尽きます。時給そのものもお昼のバイトなどから見るとかなり高いですが、売上によってバックがあったり、指名や同伴の数によって時給がアップしたりするのです。

システムの詳細はお店によって違いますが、大きくは3つに分類できます。

3つの給料システム

f:id:urj:20161207102809j:plain

ポイントスライド制

同伴、本指名、場内指名などにポイントを付与し、獲得したポイントに応じて時給をスライド変動させていくシステムです。同伴は2ポイント、本指名は1時間につき1ポイントなど、お店によってポイント数は違いますし、ポイントに応じて引き上げられる時給の金額も、もちろん違います。

ポイントを貯めればお給料がアップするという仕組みは、ちょっとゲームみたいで楽しいですし、一番わかりやすいシステムといえるでしょう。売上金額に関わらず、指名や同伴の数をこなせば時給が上がっていくため、太客はいないけどお客さんはたくさん持っているというキャバ嬢に向いています。

ただ、売上が反映されないため、お店でガンガン飲ませたり、お金を遣わせたりするテクニックを持っているキャバ嬢にとっては、少し物足りないシステムかもしれません。

売上+ポイント制

売上+ポイント制のシステムには、2つの種類があります。1つは、ポイントスライド制で時給を決め、売上によってボーナスを計上するパターンです。お客さんをたくさん呼べるキャバ嬢はポイントスライド制で着実に時給をアップし、太客のいるキャバ嬢は売上ボーナスを目当てに働けます。お客さんの量も質もキープできるシステムといえるでしょう。

もう1つは、ポイントスライド制に加えて、売上金額によってもポイントが加算されるパターンです。本指名1回につき1ポイントといったポイントスライド制はキープしながら、売上についてもポイントを加算するシステムとなります。これも、客の量と質をバランスよくキープできるシステムです。

売上+ポイント制は関東に多く、関西ではあまり見られません。

給率制

キャバ嬢自身の給料が、本指名の売上に対してどのくらいの割合になるかを計算して時給が変わるシステムです。仮にとあるキャバ嬢のひと月の給料が80万円だったとしましょう。しかし、そのキャバ嬢が本指名で稼いだ売上が50万円だったとします。80÷50=160%、このパーセンテージが給率です。

給率が100%を超えると、自分の売上より多く給料を受け取っているということになり、赤字キャストと呼ばれます。赤字キャストは時給ダウンや給料の一部カットなど、ペナルティーを受けるのが一般的です。

給率制では、給率が下がれば下がるほど優秀なキャストということになり、黒字キャストと呼ばれます。黒字キャストはインセンティブが加算されたり、時給がアップしたりします。売上によって天国と地獄がわかれるシビアな給料システムといえるでしょう。

当然のことながら、給率制は未経験者に優しくないシステムです。ですから、給率制を敷いているお店は高級店が多く、お店によってはナンバー5までのキャバ嬢にだけ給率制を課すケースが見られます。とはいえ、ガンガン稼ぎたい野心あるキャバ嬢にとっては願ったりのシステムなので、モチベーションの糧となります。

おわりに

キャバ嬢の給料システムとして基本的な3パターンをご紹介しました。自分のお店はどのケースにあたるのかをきちんと確認し、自分が得られるお金を日々把握しながら働きましょう。

一度理解してしまえば、お金を稼ぐことの楽しさを何倍も感じることができますよ!