読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

キャバ嬢になるなら知っておきたいお酒の種類まとめ

f:id:urj:20161121120711j:plain

キャバ嬢の仕事は、お客さんを楽しませることです。お酒を飲みながら楽しい提供する場所でもあります。しかし、「どんなお酒が高価かはわかるけど、お酒そのものについてはよく知らない」というキャバ嬢は多いのではないでしょうか。

お仕事の頼れる相棒といっても過言ではないお酒の種類について、最低限の知識は持っておきましょう。

シャンパン

シュワシュワ泡立ち、飲み口が軽くて甘いシャンパンは、フランスのシャンパーニュ地方で生まれたスパークリングワインです。レストランでは食前酒として出されることが多いですが、女性に喜ばれる味であることから、キャバクラで注文すれば場が盛り上がるお酒として愛されてきました。

ドンペリ

キャバクラと聞いて思い浮かぶお酒は、と質問したら、多くの人が「ドンペリ」と答えるでしょう。高級シャンパンの代名詞であるドンペリは、「ドン・ペリニヨン」の略称です。相場は安くても一本5万円から、「ピンドン」(ピンクのドンペリ)と称されるロゼなら10万円を超えることもあります。

モエ・エ・シャンドン

相場は2万円程度と、ドンペリよりもかなり安く買えるのに、しっかりおいしいシャンパンがモエ・エ・シャンドン、通称モエシャンです。白とロゼがあり、それぞれモエ白、モエロゼと略されます。一般的にも、特別な日のお酒として買われることの多いシャンパンです。

ヴーヴ・クリコ

お店によってはモエ・エ・シャンドンより若干値段が高めなヴーヴ・クリコは、英国王室御用達の伝統あるシャンパンです。黄色いラベルが目印のイエローはしっかり辛口、ピンクのラベルのロゼは芳醇な香りが特徴的で、モエシャンとはちょっと違った味わいが魅力です。

スパークリングワイン

シャンパン以外のスパークリングワインは、気軽に飲める価格帯のものが多いでしょう。口当たりはそれぞれものによって違い、さまざまな味を楽しめます。

カフェ・ド・パリ

カフェ・ド・パリ、略してカフェパの持ち味は、なんといっても多種多様なフレーバーです。ピーチやマスカット、サクランボ、フランボワ-ズなど、女の子なら一度は口にしてみたいものばかりです。1万円前後で出されるのが一般的です。

ポンパドール

サントリーとフレシネ社が開発した日本人好みのスパークリングワインがポンパドール、通称ポンパです。フレーバーの多様さはカフェパに負けていません。カフェパと同じような価格帯で提供されることが多いでしょう。

ウイスキー

f:id:urj:20161121120705j:plain

お客さんにロックや水割りをつくることの多いウイスキーは、麦やトウモロコシなどが原料の蒸留酒です。とくにスコットランドで作られるウイスキーをスコッチ、アイルランド産をアイリッシュウイスキーといいます。バーボンもウイスキーの種類の1つです。

ロックや水割り、ハイボールをつくるときは、氷でグラスを良く冷やしてから注ぎ、ゆっくりステアしてから提供しましょう。飲み口がよく喜ばれます。

ブランデー

ブランデーも蒸留酒の一種ですが、ウイスキーが麦など穀物から作られるのに対して、ブランデーは果実酒から作られるのが特徴です。原料はブドウが主ですが、リンゴやチェリーも使われます。

テキーラ

メキシコ生まれの強い蒸留酒がテキーラです。リュウゼツランが原料で、独特の香りが特徴です。お酒に強い人はショットで飲むこともありますが、ほとんどはカクテルの材料になります。マルガリータ、マタドールなどのベースです。

ラム

ラムはサトウキビから作られる蒸留酒です。ラムのコーラ割りであるキューバ・リバー、パイナップルジュースやココナツミルクと割ったピニャ・コラーダなど、どことなく南国を思わせるドリンクのベースに使われます。

ウォッカ

穀物で作られた蒸留酒を炭でろ過し、無味無臭化させたお酒がウォッカです。ウォッカをライムで割ったモスコミュール、グレープフルーツジュースと割ってグラスに塩をつけたソルティドッグなどは、キャバ嬢のなかにもファンが多いでしょう。

ジン

ジンは、穀物の蒸留酒に香草のジュニパーベリーで香りづけしたお酒です。マティーニやホワイトレディなど、ショートカクテルのベースに使われることが多いのが特徴といえるでしょう。もちろんウォッカ同様、柑橘類のジュースと合わせたロングカクテルも人気です。

リキュール

蒸留酒にフレーバーづけし、シロップや砂糖を合わせた甘いお酒がリキュールです。ナッツ系や果実系などさまざまな種類があり、ウォッカと同様にカクテルなどのベースになります。コーヒーリキュールを牛乳で割ったカルーアミルク、黒すぐりのリキュールであるカシスをオレンジで割ったカシスオレンジなど、甘いカクテルに使われることが多いです。

おわりに

お酒の種類やカクテルの中身を知ることができれば、キャバ嬢という仕事はもっと面白くなります。お酒のことをよく知るお客さんに、いろいろ教えてもらうのもいいですね。お休みの日にカクテルを自宅で作ってみるのも一興です。美味しくできたら、お店でお客さんにふるまえるかもしれませんよ!