読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

危険!色恋営業(色恋接客)の問題点と友達接客に切り替える方法

f:id:lululolochan:20160523120109j:plain

キャバクラには色恋営業(色恋接客)なるものがあります。お客さんに純粋な恋愛をしていると錯覚させる方法です。稼ぐためには必要なスキルともされていますが、実は危険性も指摘されており、いつかは友達接客へと切り替えていかなければなりません。

こちらでは、キャバでの色恋営業がなぜダメなのか、色恋営業から脱却を図るためにはどうしたらいいのかをお教えします。

色恋営業の問題点

本気になられてしまうと、お客さんとしてお店に来てくれる期間が短いのです。短期的な稼ぎは圧倒的によくなります。惚れてもらったほうが、お金をたくさん使ってくれるからです。しかし、本当にお付き合いできるわけではありませんよね。

いつか恋心にも終わりがきてしまいます。その結果、相手にしてくれないと悟ったお客さんは、もうお店には来なくなってしまいます。しかも、二度と来てくれなくなってしまうこともあるのです。

キャバクラで働くうえで稼いでいくためには、長くお客さんになってくれる人を捕まえるのが重要です。色恋はあくまで短期的な稼ぎにしかなりません。

そこで考えるべきなのが、いかにして色恋から友達接客に切り替えるのか、といったことです。スムーズに移行できれば、今後もお客さんとして長くお店に来てくれます。

色恋営業から友達接客に切り替える方法|皆で盛り上がる! 

いきなり友達接客に切り替えるのは難しいので、徐々に切り替えていくことが必要になってきます。ヘルプの女の子を付けて皆で楽しむような機会を増やす、といったことも一つの方法です。皆で盛り上がれるのを楽しいと感じてくれるお客さんであれば、その場を楽しんでくれます。

また、たくさんの女の子に囲まれていれば、お客さん側には二人だけのときよりも気持ちの余裕が出てきます。あなたへの執着をしばし忘れてくれるのではないでしょうか。黒服やキャストたちに協力してもらい、大事なお客さんを減らさないよう皆で頑張りましょう。

色恋営業から友達接客に切り替える方法|予防線を張る

また、恋愛感情抜きにして大切な人である、といったことを伝えておくことも重要です。必要以上に口説かれないための予防線を張っておくのです。

色恋営業から友達接客に切り替える方法|上手に断る 

f:id:urj:20160701110818j:plain

最終手段となるのが、はっきりと伝えてしまうことです。何度もしつこく告白されてしまう場合には、付き合えないと伝えてしまいましょう。 断り方にも幾つかのパターンがあります。

「彼氏がいたらこの仕事が続けられなくなる。まだ仕事を続けたいので、付き合うことは出来ない。」 「あなたは忙しいから付き合ったら私が寂しい思いをすることになる。寂しい思いをしたくないから付き合わない。」

要は、お客さんのことを嫌いではないけど付き合えない、とはっきりと伝えてしまうのです。しっかりと対処したうえで縁が切れてしまったら仕方ないと諦めましょう。

色恋営業から友達接客に切り替える方法|「私を応援してほしい」と伝える

キャバ嬢にのめり込んでしまうお客さんは、あまり遊び方が上手とはいえませんね。この場合、キャバ嬢のほうがお客さんに遊び方を教え、さりげなくリードすべきなのです。ただ、「こういうことはすべきではない」などと直接的に伝えれば、カドがたってしまいます。

色恋を求めてくるお客さんには、特にこの仕事で成功したいということを真剣に伝えるのが得策です。キャバ嬢として成功するためには、一人に対してだけ時間を割くわけにはいきません。たくさんのお客さんに応援してもらわなければナンバーワンにはなれないのです。

「私を思ってくれるのなら、成功のために、私を応援してください」「協力してください」と優しく諭しましょう。本当に気持ちのあるお客さんなら、そこで一歩引いてくれるはず。「出世のために利用するのか」と怒るだけのお客さんは、あなたのことを本当に思ってくれてはいないのです。

色恋営業から友達接客に切り替える方法|忘れた頃に連絡してみるのもいい 

例え切り替えがうまくいかなかったと思っても、落ち込む必要はありません。そういったお客さんは、違うお店でまた同じ失敗を繰り返し、キャバクラでの遊び方を学ぶようになります。半年後などに連絡すれば、お客さんとして成長した姿を見せてくれるかもしれませんよ。

そのときには、本当に質の良い指名客の一人として、あなたに味方してくれるでしょう。キャバ嬢側が面倒を回避することだけを考えるのではなく、お客さんを育てる気持ちを持って接すれば、双方にとっていい結果になるはず。反応を恐れず行動しましょう!