読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

衣装代やサロン代は経費になる?キャバ嬢が節税するために知っておきたい経費のこと

コラム

f:id:urj:20161020175239j:plain

「時給はいいし、身体の負担にならない仕事で気に入っているけれど、衣装代や美容代がハンパなくかかる……」そう思ってため息をついているキャバ嬢には、確定申告をおすすめします。ドレスやサロン代が経費とみなされ、税金が戻ってくる可能性が高まるからです。でははたして、どんなものが経費として認められるのでしょうか。

「経費」って何?

確定申告における経費とは、仕事をするために必要な費用のことです。事務仕事であれば、パソコンや帳票、文房具などが経費にあたります。営業マンなら、外回りのお土産品、接待費、お客さんを送迎するためのタクシー代なども経費になります。会社員は、これらの経費が発生したら、そのつど経理に申告して代金をもらっています。

かかった経費を誰かから支払ってもらうことのない自営業者などは、確定申告をするときに1年分の経費を計算して年収から引き算をし、実際の所得を割り出しています。経費が多ければ多いほど所得は少なくなり、結果としてかけられる税金も少なくなります。

キャバ嬢はすでに源泉徴収として所得税が引かれた金額を受け取っています。自分で支払った経費を計算して確定申告をすると、税金の差額が還付金として戻ってくる可能性が高まります

キャバ嬢にとって何が経費とみなされるのか

キャバ嬢の仕事に必要な経費には、何が考えられるでしょうか。アイテム別に考えてみましょう。

名刺代

完全に仕事用なので、100%経費として認められます。

タクシー代

通勤のための電車賃やタクシー代を自費で払っている人は、これらが経費となります。

衣装代

お店でしか着られないようなきらびやかなデザインのドレスやワンピースは、経費の対象になります。プライベートでも着るカジュアルなものは、仕事をするうえで必要な出費とはいえないため、経費の対象になりません。

サロン代

お店に出勤するためのヘアセット代やメイク代は経費になります。ただし、プライベートでただ髪を切った、友人の結婚式のためにヘアメイクをしたといった場合は経費になりませんから注意しましょう。

ネイル代

f:id:urj:20161020175325j:plain

お客様にお酒を差し出すときのため、爪を華やかにするのはキャバ嬢にとって必須ですよね。経費として認められます。

化粧品代

お店に出るためのメイク用品、それをスッキリ落とすためのクレンジングや基礎化粧品などは経費として考えられます。しかし、プライベートでも化粧品は使うものなので、分けて考える必要があります。

交際費

大事なお客さんへのプレゼント、店外デートや同伴へ駆けつけるためのタクシー代などは経費と考えられます。

携帯電話代

営業に必須なのが携帯電話です。電話料金も、経費として考えられます。携帯を1つしか持っていない場合は、プライベートで使った分と仕事で使った分を分ける必要があります。プライベートとは分けて、仕事用の携帯を持つことをおすすめします。

レシートや領収書は確定申告まで取っておいて

こうして考えていくと、けっこういろいろなものが経費になりますよね。つまり、仕事のために惜しみなくお金を投資するキャバ嬢のほうが、税金が戻ってくる可能性が高いのです。経費は、領収書はもちろんレシートでも支払った証明になりますから、一日の終わりには財布のレシートを全て専用のボックスなどへ移し、確定申告の時期になるまで取っておきましょう。

年収の多いキャバ嬢ほど税理士に相談したほうが安心

確定申告の時期になり、いざ経費を計算しようと意気込んでも、結局なにがなんやらわからない……ということになりがちです。ネットで情報を集めながら自分で計算するのも手ですが、とくに年収の多いキャバ嬢などは、自分で計算することが難しくなってきます。確定申告のプロである税理士に相談することも検討してみてください。

まとめ

ドレス代、メイク代、化粧品などは、全て自分をキレイにするためのもの。「美容代を経費として申告するなんておこがましいのでは」と思っていませんか。キャバ嬢は、キレイになるのが仕事です。胸を張って、経費として申告しましょう。今からでも遅くありませんから、領収書やレシートは大事に保管をしてくださいね!