読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

キャバだけじゃない!水商売の種類を徹底解説

f:id:lululolochan:20160523130308j:plain

水商売といえば、多くの人はキャバクラを連想するのではないでしょうか。しかし、キャバクラ以外にも様々な種類があります。クラブやスナックといった言葉を聞いたことはありますよね。キャバクラとの違いはなんでしょう?

 こちらでは水商売にはどのようなものがあるのか、その種類と特徴を解説します。漠然と「夜の世界で働きたい」と思っている方は必見です。 

キャバクラ

最もメジャーな水商売と言っても良いかもしれません。お客さんからすると時間制で楽しめる店舗といったイメージがあります。 お店の特徴としては、ママがいないということ、さらに基本的に接客はお客さんとの1対1で行われることが多い、20分ほどで女の子が回転するといったものがあります。

それほど敷居が高いものではなく、学生などの未経験の方でも問題ありません。 店舗数が多く求人が多い、といったメリットもあります。採用される確率が高いのです。報酬システムは基本的に時給制となっており、同伴や飲食系のバック料金でインセンティブを稼ぎます。

ラウンジ

働いている女性の年齢層は、少し高めです。キャバクラは20代中心ですが、ラウンジとなると30代の方が多くなります。お客さんからするとフリータイムで楽しめることも可能なお店、といったイメージがあり、リーズナブルなお店も多く、開店から閉店までいても20,000から30,000円で楽しめることもあります。

キャバクラよりは比較的落ち着いた雰囲気となっていて、回転が速くないので、席についてくれた女性とゆっくり話したいときにも適しています。複数接客になることもあり、お客さんが多いと、2人や3人のお客さんについて接客対応することもあります。

給与に関しては時給制となっていますが、キャバクラよりは低めに設定されています。ラウンジには指名制がない、といった特徴もあります。指名されればバックがあるお店よりも、受け取るお金は少ないかもしれません。

高級クラブ

f:id:urj:20160701110229j:plain

六本木や銀座、さらに北新地などにあるクラブで、水商売の中でも最高峰と言ってよいほどの存在です。たとえば、着ている服も高級なものでなければなりませんし、言葉遣いも注意されます。美しい所作なども求められる傾向にあり、美貌だけが条件ではなく、選ばれた女性でなければ働けないとされているのが特徴といえるでしょう。

給与は日給制で、特に高報酬となっているので、専業で働いているホステスの率が高いです。ただし報酬に見合った自分磨きを常に求められます。高級クラブで働く女性は、外面と内面にお金をかけることによって洗練されていくのです。その見返りは、人生において長く使える著名人との人脈など。お金には代えられない財産を身に着けていきます。

スナック

カウンターで接客することもある、敷居の低い水商売です。若い時はキャバクラで働いで、30代なかばになってスナックに転向してくる女性も少なくありません。 フリータイム制でボトルキープして飲むお客さんが比較的多いです。お客さんとママとの距離が近く、アットホームな雰囲気が特徴といえるでしょう。

料金がかなりリーズナブルなので、固定客が多いです。 時給に関しては1,500円から2,000円程度が相場で、指名料があったりなかったりとまちまちです。水商売としては、報酬が低めに設定されていますが、あまり競争がなく、温かな職場で働きたいと思っている女性にはピッタリなのではないでしょうか。

ガールズバー 

近年になって注目を集めている水商売の一つです。カウンター越しで接客をして、会話をしたりお酒を作ったりします。隣の席について接客する必要がないので、働く側としては敷居が低く、比較的若い女の子を中心に構成されています。

ただ可愛い女の子を前にして軽く一杯飲むだけというライトなスタイルを楽しめるので、夜のお店のことがよく分からないという男性も活用しやすいのが特徴です。固定料金の飲み放題コースが設定されているお店が多いため、安心して寄ってもらいやすいでしょう。

給与は時給とドリンクバックがあります。時給は2,000円程度が相場ですが、勤務時間が比較的長く設定されているので、日給にするとキャバクラを凌ぐケースもあります。ただ、基本的に立ち仕事であり、すすめられたらお酒を飲まざるを得ないので、勤務時間は自分の体力と相談したほうが良さそうです。