【キャバ嬢必見】痛客あるある5選!痛客の接客法・対処法

f:id:girlsbaito:20220330163711j:plain

キャバクラで働いていると毎日何十人の方と出会います。出会う数が多ければ多いほど、ヤバい客・痛客に出会ってしまいますよね…

はっきり言える強い女の子もいますが、はっきり言えない女の子、ナイトワーク初心者の女の子は対処法がわからない人が多いと思います。

そこで今回はやばい客の対処法について説明したいと思います。

これを見ている男性は自分が痛客になっていないか確認してみてください(^^)v笑

 

《目次》

 

1 アフター狙い

閉店時間30分前など、キャバクラを楽しみに来たわけではなくアフター狙いのお客さん。

アフターからの朝までコース、あわよくば…なんて思ってる方も^_^;

こういう方に限って場内指名はしてくれないし、「もうお店終わるし、アフターでならいくらでも奢るよ!」と…

 

♦対処法

「すでに来ていた“指名”のお客様との先約がある」「営業終わりに社員さんから呼ばれていて、長引きそうだからまた今度指名で遊びに来てくれたら」

などと、適当にごまかしましょう。

「次の日昼職がある」と言っても

「俺も次の日仕事だよ!」「1時間とかでもいいよ!」

としつこい方もいるのでその時ははっきり断るのも一つの手でです。

 

2 話が噛み合わない

話が全くかみ合わない方もいますよね。

・2,3回しかあったことがないし、色恋営業をしたわけではないのに付き合ってると勘違いしている

・話しかけてもフルシカト

・話している内容がずっと合わない

・約束をしていないのに勝手に旅行を予約する

などなど…

冗談を話しているのかと思いきや、本気な人は多いです。

誰かと間違えているのか、そもそも別の世界線で生きているのか疑いたくなります。

 

♦対処法

あんまり真に受けないほうがいいです。

ですが、真面目に答えすぎると嘘に決まってるじゃんとキレたり、逆に嘘つき呼ばわりされたりするので笑って受け流しましょう。

 

3 出待ち

営業中アフターの話を一切していないのに、当たり前かのように店前で待っているお客さん・偶然を装ってお店の近くで待っているお客さん。

普通に怖いですよね。

 

♦対処法

このようなタイプの客はストーカー予備軍です。最寄り駅にきていたり、アフターなどでタクシーではなく家まで送るよと言い、家を特定されたり。

営業終わりはお店の近くにいる可能性もあるので、送りの車まで社員さんに見届けてもらうのが1番安全です。

被害にまだあっていなくてもストーカー予備軍の方の話はしておきましょう。

もしストーカー行為にあったら即黒服に連絡しましょう。

 

4 ボディタッチが激しい

キャバクラはおさわり禁止です。

お互い酔ってきてじゃれあう程度ならまだしも、見てない隙に胸や尻などを触る人は痛客認定です!

「他のお店の女の子は嬉しそうに触らせてくれる」、「触らせないからつまらない女」だと不機嫌になる方もいます…

 

♦対処法

はっきり言える方はいいですが、はっきり言うのが苦手な方は途中でトイレなどに行くふりをして黒服さんに伝えましょう。

キャバ嬢だったらなにをされても仕方ないということは絶対にありません!!

 

5 同伴バックレ・店外要求

「ご飯だけだと思ってたからお店に行くお金を持ってきてない」としらを切る方もいます。営業前に仕事をしているのに、バックレるのは本当に気分が悪いですよね。

他にも、一度来店された際に連絡先を交換した方から「もうお店はいかないけど普通に遊びに行こうよ!」という方もかなり多いです…キャバクラは相席屋ではないのに。

 

♦対処法

同伴の約束をする際に同伴だとはっきり言うと萎えてしまう方もいるので、同伴だと伝わるように「お店に〇時に間に合えば大丈夫だから一緒に行こうね」などと伝えることもバックレ対策にもなります。

店外要求の連絡ばかりして来る人には「仲が深まってからじゃないと緊張する」などとやんわり断ってあまり時間をかけず、来てくださる方に時間をかけたほうがいいです。

 

最後に

いかがでしたか?

危ない目にあいそうになったらすぐに、黒服さんに報告しましょう。

一度注意しても治らない方はずっと治らないことも多いです。そのお客さんのせいでストレスになるようでしたら無理をして連絡はしなくていいと思います。

ですが、直してくれた方は今後いいお客様になるかもしれません!

上手なかわしかたができるかはあなたの腕次第です♪