【必見】ガールズバーの面接対策!!

 

ガールズバーで働くためには、まず面接を突破しなければなりません。

「求人に『採用率100%!!』って書いてたから余裕でしょ~」

なんて思っていても、お店側は落とすときは落とすので

気を付けるポイントは抑えておきましょう!

 

ここでは、面接に行くときの服装やメイク、質問内容、

落とされる人の特徴を紹介します!

これを読んで、万全の準備で面接に臨みましょう☆

面接の服装

面接の重要なポイントは「見た目」です!

ドレスや制服を着るお店でも、そのままお客さんの前に立てるような服装が理想的です。ボーイッシュなスニーカーにジーンズなどはあまり向いていないので避けましょう。

面接のメイク

普段のメイクが薄めでも、面接では働くことを意識して「少し濃いめ」にしましょう。

ガールズバーの店内は薄暗いので、顔を良く見せるためにも色付きの良いリップを付けたりするなど、自分なりに夜仕様のメイクを研究するといいですね!

どんなことを聞かれるの?

ガールズバーの面接でほぼ必ずされる質問は主に5つあります!

どうやって答えるか、頭の中で整理してから面接に臨みましょう(ง •̀ω•́)ง

1.志望動機

何のためにどのくらい稼ぎたいのか目標があるとやる気を買ってくれます!

また、なぜそのお店を選んだのかなども聞かれます。

2.週何日・何時間出勤できるか

この質問は曖昧にせずはっきりと答えましょう!

印象を良くしようと嘘をつくとお店の迷惑になってしまいます。。

3.どこに住んでいるか・通勤手段

送りが必要かどうかお店が把握するために聞かれます。

身分証の提示を求められますが、学生は身分証と実際の下宿先が違うこともあるのであえて聞かれるそう。

4.昼は何をしているか

学生・社会人・フリーターなど様々な女の子がいて、それぞれ事情があるのでどのくらいシフトに入れるのか確認するためにも昼間のことをよく聞かれます。

5.お酒はどのくらい飲めるか

ナイトワーク=お酒のイメージがありますが、お酒に弱い人もたくさん働いているので、無理して飲めるアピールをしなくて大丈夫です!

落とされる人の特徴

1.見た目が良くない

先ほどの通り、面接は「見た目」が大事。容姿が整っている人は受かりやすいですが、極端な例だと「すっぴんジャージ」のような格好はやる気が見えません。

2.愛想が良くない

質問にはしっかり答えて礼儀正しく、人当たりの良さをアピールすれば、接客も良さそうと判断してくれます!

3.遅刻する

面接に遅刻する人は珍しくないですが、印象を下げてしまうので10分前行動を心掛けましょう!!

まとめ

いかがでしたか?

あたりまえなことも多く書いてありますが、とても大切なことなので面接の前にはしっかり準備していきましょう(ง •̀ω•́)ง

体入するお店がまだ決まっていない方は是非【体験ガールズバイト】で探してみてくださいね♡

girlsbaito.jp