朝・昼キャバって夜と何が違うの?メリット・デメリット徹底解説!

 

近年、朝キャバや昼キャバが増加傾向にありますが、朝キャバや昼キャバとはどのようなお店なのでしょうか?

結論から言うと、朝キャバ・昼キャバは営業時間が朝~昼のキャバクラのこと。

夜のキャバクラをメインに営業している店舗が、売上アップの為に朝や昼も営業するというケースがほとんどです。

朝・昼キャバとは

営業時間はお店によって異なりますが、

『朝キャバ』5:00~11:00

『昼キャバ』12:00~17:00・15:00~20:00

が一般的です。

サービスは夜キャバと同じですが、異なる点もあるのでチェックしていきましょう♪

朝・昼キャバの違い

朝・昼キャバの違いを見ていきましょう!

時給

朝・昼キャバは夜キャバに比べて時給の相場が低いです。

平均時給は2000円~4000円くらいで、
夜に比べて500円~1,000円ほど低い傾向にあります。

服装

夜のキャバクラはドレスやコスプレが一般的ですが、
朝・昼キャバはもっとカジュアルで、ワンピースなど私服が定番です♪

メイクもヘアメもバチバチに決める感じではなく、
ナチュラルな雰囲気が好まれます♡

客層

営業時間が違うと客層も変わってきます。

朝・昼キャバに多い客層は、

・バーや居酒屋のスタッフやオーナー
・夜キャバのボーイやホスト
・夜から通して飲んでいる人

などです。

メリット

続いて朝・昼キャバのメリットを紹介します!

他のバイトに比べて時給が高い

夜のキャバクラに比べると低く感じますが、一般的なアルバイトとしては時給は高いです。さらにシステムは夜のキャバクラと同じなので、頑張った分だけバックとしてお給料に反映されるのも嬉しいですね!

バレにくい

「高時給なキャバクラで働きたいけど親や彼氏にバレる・・」

なんて人でも、出勤時間で怪しまれたりするリスクが低いので
こっそり働きたい人にオススメです!
ただし、酔っぱらって帰る際はバレないよう気を付けてくださいね!

アフターがほとんどない

同業者が多い朝・昼キャバではアフターの流れになることが少ないです。
時給が発生しないアフターを避けられるのは嬉しいポイントですね♪

デメリット

知っておきたいデメリットもあるので紹介します。

早朝からアルコール

朝が弱くない人でも、朝からお酒を飲んでテンションを上げるのはキツイですよね・・
お店に来るお客さんは夜から飲んでいるので、慣れるまではテンションを合わせるのが大変です!

客層が良くない

朝・昼キャバの客層は、夜に比べるとあまり良くはありません。

・夜から朝まで飲んでベロベロの泥酔の方
・仕事終わりのホストやボーイなどの同業者

同業者は結構やりにくいです。
ホストには変なテクニックは通用しませんし、ボーイはレベルの高いキャバ嬢を見慣れているので厳しいことを言われたりもします。

また、泥酔しているお客さんは何をするかわかりません。
酷いことを言われたり、体を触られたりと困ったお客さんも多いのです。

最後に

いかがでしたか?

夜キャバと朝・昼キャバの違いをしっかり把握して、

自分に合うスタイルで働けるお店を探してくださいね!

 

キャバクラの求人情報はコチラ⇩

girlsbaito.jp